WordPressテーマTCDのカスタマイズを研究するサイト

自分で登録したクイックタグがすでにある場合

この記事は2016年3月10日に更新されたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

クイックタグ機能が実装されているテーマでは、
各ダウンロードサイトからクイックタグの設定ファイルを配布しています。

ただ、お客様ご自身で登録済みのクイックタグがすでにある場合、
配布している設定ファイルをそのままインポートすると設定が上書きされてしまいます。
(お客様が登録されたものが消えてしまう)

これを防ぐためには、以下の手順で設定を行ってください。
↓↓
①すでに設定してあるタグのバックアップを取る
※ここでのバックアップ方法は、すでに登録済みのタグをエクスポートしてjsonファイル形式で出力するのではなく、後でコピペで再度追加しやすいように、例えばテキストエディタ等に項目ごと内容を控えておくetc…
②「addquicktag.-tcd-all.json」をインポート
③①で控えておいた登録済みのタグを手動で追加する

【参考記事】
クイックタグ機能の使い方①プラグインのインストールと設定
クイックタグ機能の使い方②基本的な使用方法と使用例
クイックタグ機能の使い方③【応用編】クイックタグのカスタマイズ

TCDテーマ一覧

この記事は役に立ちましたか?
もし参考になりましたら、下のボタンで教えてください。
今後の記事作成の参考とさせて頂きます!

TCD LABO ご利用上の注意

TCD LABO(ティーシーディー・ラボ)に掲載しているTCDテーマのカスタマイズ情報のご利用にあたっては、必ずカスタマイズするファイルのバックアップをご用意の上、ご利用者様責任において実施をお願いいたします。

またカスタマイズ内容は、バージョンにより異なる場合がございますこと予めご理解賜りますようお願いいたします。

お問合せ・ご要望

TCD LABOへのお問合せやご要望は
ご連絡フォーム をご利用ください。